ASRockからRadeon RX 5700シリーズのオリファンモデルを発表。

スポンサーリンク
PC

Radon RX5700シリーズのリファレンスモデルが各社から発表され、今か今かと待っていたが、ASRockからオリファンモデル(オリジナルファンモデル)、「Radeon RX5700 Challenger D 8G OC」と「Radeon RX5700XT Challenger D 8G OC」の詳細が発表された。

2019年夏頃までには、各社からRX5700シリーズのオリジナルモデルが発売されると思われるが、とりあえずASrockが先陣を切った形になる。

RX5700リファレンスボードとの違いは下記の通り…だが、まあ、ファンと冷却性能以外にさほど違いはないが、チェックしておく。

ASRockのRX5700シリーズとしての所感

とにもかくにもオリジナル・ファンモデル

一言でまとめるなら、リファレンスボードの外排気ファンを、10cmの2連ファンに取り換え、ヒートパイプを太めのものに変えた、という印象です。

下にリファレンスとオリファンのものを表にまとめはしましたが、クロック数は、ほぼ50Mhz程度の違いしかありません。

また、外排気のリファレンスボードはファンの音がうるさい…という評判もありますが、個人差もあり、また格納するPCケースが、静穏タイプなのか否かで変わってくるかと思います。

ただし、密閉型の、いわゆる窒息ケースで運用する場合、外排気や水冷以外だと、グラフィックボードから発生する熱をPCケース内に排出する事になるため、場合によっては注意が必要でしょう。

なお、「Radeon RX 5700 8G」が電源ピンが8pin&6pinから「Radeon RX 5700 Challenger D 8G OC」では、8pin ×2になっている点も注意です。

ともあれ、RX5700シリーズのオリジナルモデル第一弾です。続くメーカーの発表がますます楽しみになってきました。

Radeon RX 5700 Challenger D 8G OC スペック概要

  RX5700 リファレンス RX 5700 Challenger D 8G OC
GPUコア RDNA (Navi 10 pro)  RDNA (Navi 10 pro)
製造プロセス 7nm 7nm
電源ピン 8pin ×1 & 6pin ×1 8pin ×2
ベースクロック 1465 MHz 1515 MHz
ゲームクロック 1625 MHz 1675 MHz
ブーストクロック 1765 MHz 1725 MHz
メモリ 8GB 256-bit GDDR6 8pin ×2
ファン 外排気 内排気2連ファン
サイズ 280.85 x 126.47 x 42 mm 281 x 137 x 42 mm
映像出力端子 DisplayPort 1.4 (with DSC1.2a) ×3 / HDMI2.0b ×1

Radeon RX 5700 XT Challenger D 8G OC スペック概要

  RX5700 リファレンス RX 5700XT Challenger D 8G OC
GPUコア RDNA (Navi 10 XT) RDNA (Navi 10 XT)
製造プロセス 7nm 7nm
電源ピン 8pin ×2 8pin ×2
ベースクロック 1465 MHz 1515 MHz
ゲームクロック 1625 MHz 1675 MHz
ブーストクロック 1765 MHz 1725 MHz
メモリ 8GB 256-bit GDDR6 8GB 256-bit GDDR6
ファン 外排気 内排気2連ファン
サイズ 280.85 x 126.47 x 42 mm 281 x 137 x 42 mm
映像出力端子 DisplayPort 1.4 (with DSC1.2a) ×3 / HDMI2.0b ×1

そういえば…

そういえばASRockのゲーミングブランドって…

「Phantom gamaing」というゲーミングブランドが立ち上がっていた気がしますが、今回のオリファンモデルはなぜか「challenger」です…。

「Phantom gamaing」の名称が入ったモデルが別に発売されたりするんでしょうか。Navi GPUのRX5700以外かもしれませんが。

そういえばNavi GPUでのFluid Motionは…

どうなったんでしょう。

ASRock関係ないですが。

タイトルとURLをコピーしました