【2019年7月】気になるモニタ:HDR600/4K/120hz/VA/freesync2対応のゲーミングモニタ、ASUS「ROG Strix XG438Q」の詳細が発表される。

スポンサーリンク
PC
ROG Strix XG438Q | Monitors | ASUS Global
ROG Swift XG438Q
ASUS ROG Announces New Strix XG HDR Gaming Monitor Lineup
Trio of high-refresh rate and up to 4K-resolution gaming monitors with FreeSync 2 HDR

2019年7月19日、台湾本社のASUS(エイスース)より、 ROG Strix XGシリーズとしてラインナップされていたゲーミングモニター、「ROG Strix XG438Q」の詳細がASUSのオフィシャルサイトに掲載されました。

ROG Strix XG438Qの諸元スペック

パネルサイズ 43インチ(16:9) 解像度 4K (3840 x 2160)
パネルタイプ VA パネル表面 ノングレア
色域 DCI-P3 90% 表示色 10億7,000万
輝度 450 cd/㎡ コントラスト比 4000:1
HDR対応 HDR600 / HDR10 応答速度 4ms (G to G)
リフレッシュレート 120hz (Max) ディスプレイ同期 FreeSync 2 HDR
スピーカー 10W * 2 USBポート USB 3.0 * 2
VESA 100x100mm イルミネーション機能 Aura Sync
I/Oポート HDMI (v2.0) *3 / DisplayPort 1.4 *1

 

気になるところを抜き出したものが上の表になります。その他、いわゆるゲーミングモニターで採用されている機能は一通り抑えられているようです。

  • GamePlusモード: 十字照準、タイマー、FPSカウンターのオーバーレイ表示
  • ブルーレイ低減:眼精疲労の軽減
  • GameFast Input technology: 低遅延入力
  • Shadow Boost:表示された暗部の視認向上
  • レーシング/シネマ/RTS/RPG/FPS/sRGBモード/MOBAモード/ユーザーのプリセット

2019年7月時点では貴重なFreeSync2対応のモニター

https://www.amd.com/ja/products/freesync-monitors

AMDが公式にFreeSync2の対応を発表しているリストは上記のURLから確認できます。発売済みのものであるため、現時点ではROG Strix XG438Qは記載されていませんが、4K・HDRに対応したPCモニターの中で、FreeSync2に対応する数少ないモニターになりそうです。

JAPANNEXTという会社から出ているモニターにも、FreeSync2対応のものがありますが、AMD公式の対応表にも記載がありません。実際に対応しているかもよくわからない…。

モノとしてはパネル、モニタ外装やパッケージ、操作回りは値段相応かなという印象ですが。

FreeSync2に対応しているということ

ディスプレイ同期の適用範囲

FreeSyncあるいはFreeSync2とは、モニターとPC側から送出されるグラフィックとの同期技術であり、スタッター(表示のかくつき)や、テアリング(1画面中の表示が上下でずれる)を防止・低減する技術です。nvidiaのG-syncとは違い、FreeSyncあるいはFreeSync2は、対応するリフレッシュレートに制限がある点が大きく違います。

例えば上記のFreeSync対応モニターの一覧から、AcerのBH277/BH277Pというモニタだと、rangeという項目が「48-144 via DisplayPort 48-144 via HDMI」という表記になっています。

これは、 AcerのBH277/BH277Pというモニタは、DisplayPort・HDMIの接続においてリフレッシュレートが48hzから144hzの間であるときにだけ、PCとモニターの表示が同期します、という意味です。

ちなみにnvidiaのG-syncは、下限リフレッシュートはありません。お高いだけはありますね。

ディスプレイ同期技術とHDRが両立せず、片方しか使えない場合もある。

製品によりけりなのですが、FreeSyncとHDRは、どちらかをオンにすると、もう片方がオフになるものがあります。

つまり排他仕様である場合もあるため注意が必要です。とはいえ仕様を見てもわからない場合も多く、特に安い価格帯のものは判別が困難です。

が、FreeSync2は、「FreeSync HDR」と最初に呼ばれていたぐらいなので、両立が可能です。その他にも違いがありますが、HDR対応モニターを買ってゲームを遊ぼうと思ったのに、FreeSyncは使えなかった…というがっかりな状況にはならないですね。

買うのか? 買わんのか?

接続端子はHDMI2.0とDisplayPort1.4

2~3万以下のどれも大差ないレベルのPCモニターはとにかくとして、 それなりの高品質・高額な2019年Q2の時点ではHDMI2.1やDisplayPort2.0などの規格が目の前に迫り、さらにはPlayStation 5や次世代Xboxなどのコンシューマゲーム機の接続も視野に入れざるを得ません。

現実として次世代伝送規格は2020年頃まで、私たち一般購入層が目にすることはないかもしれません。つまるところ現時点でモニターを購入するという事は、これらを踏まえる必要があるわけです。

次世代伝送規格・次世代コンシューマゲーム機では、ディスプレイ同期技術が標準搭載される事への期待を込め、また先を見越した妥協点としてFreeSync2対応のモニターを選ぶのは悪い選択肢ではないと思います。対応してなければ泣く。

お値段は?

2019年6月時点の4gameの記事では、北米想定参考価格が1,000ドルとなっていたが、それ以上の値段になる事は想像に難くない。

16万円…前後、といったところではないだろうか。(だと良い)

少なくとも20万円以下ならば、十分、購入を検討できる。

 ROG Strix XG HDRは3製品がラインナップ

個人的に4Kモニター以外に特に興味を引かれなかったが、ROG strix XGシリーズとしては3つのモニターがラインナップされているため、簡単に差がある部分をメモしておく。

型番 サイズ / 解像度 リフレッシュレート HDR
Strix XG 438Q 43 / 3840*2160 120hz (Max) HDR600  
Strix XG 49VQ 49 / 3840*1080 144hz HDR400  
Strix XG 32VQR 32 / 2560*1440 144hz HDR400 曲線1800R

とにもかくにも、発売日の決定が楽しみですね。

追記

海外サイトでレビュー出始め、仕様が確認できるようになったので追加記事。

タイトルとURLをコピーしました